リフレクソロジーの基礎知識

"最近は「リフレクソロジー」という言葉を美容業界の中でもよく耳にするようになりましたが、リフレクソロジーというのは簡単に言えば日本における「足つぼマッサージ」のようなものです。

近年はエステの多様化によって多くのエステサロンでもこのリフレクソロジーを受けることが出来るようになりましたが、本来は美容目的ではなく「健康増進」を目的に行われていたため、現在でもリラックス効果や健康効果を謳う形でリフレクソロジーをメニューへと導入しているサロンは数多く存在します。ここではリフレクソロジーの特徴や基礎知識について簡単に説明します。

リフレクソロジーとは反射療法とも呼ばれ、元々はアメリカ合衆国で発祥したと言われています。リフレクソロジーは足裏などに存在する無数の「反射ゾーン」に指や拳を使ったマッサージで刺激を与えることによって、身体の免疫力や内蔵機能を向上させたり自然治癒力を高める事を目的として行われます。たとえば足裏にある「肝臓」と繋がる反射ゾーンを効果的に刺激した場合、その刺激が反射作用によって肝臓に伝わって肝機能が向上したり、弱っていた肝臓が回復するなどの効果が期待できます。

また、足裏に存在する無数の反射ゾーンは別名「足ツボ」とも呼ばれており、リフレクソロジーの考え方に基づいて適切にツボを刺激すると血液やリンパ液の流れがスムーズになり、身体全体の機能が向上します。その結果、体内の老廃物や毒素の排出が促されて肌質が向上したり、新陳代謝が活発になって痩身効果やダイエット効果なども得る事が出来るのです。"